トリキュラーを飲み忘れたら仕切りなおしてスタート

経口避妊薬の低用量ピルの一種であるトリキュラーは世界中で広く使われている安全性の高い薬です。低用量ピルとしての歴史も長く、症例数も圧倒的に多いため副作用の報告や研究もしっかりとされています。
トリキュラーは他の低用量ピル同様、毎日決まった時間に1錠ずつ服用します。1シート28錠で1サイクルとなっており、最初の21錠は女性ホルモンが含まれており、最後の7錠は偽薬で飲み忘れ防止のための錠剤です。トリキュラーには偽薬のない21錠タイプのものもありますが、どちらも服用方法、成分は変わりません。
服用は生理の始まった日からスタートする方法や、生理が始まってから最初の土曜日に服薬開始するサタデースタート、生理後最初の日曜日から開始するサンデースタートなど様々な方法がありますが、これらは自分の生活スタイルに合わせて医師と相談し、服薬方法を決めることができます。
服薬の途中で飲み忘れがあった場合は、1、2日までであれば気づいた時点で飲み忘れ分を服用することで避妊効果を持続させることが出来ますが、それ以上の飲み忘れがあった場合はピルの服用を中止し、生理が来るまで待ちます。その後再び新しいシートでピルの服用を再開します。
この飲み忘れによる服用中止期間は避妊効果がありませんので、セックスをしないか、コンドームなど別の避妊方法を用いてセックスを行ってください。
トリキュラーを始めとする低用量ピルは前述のような避妊効果以外にも、生理痛の軽減、月経周期のコントロール、月経血の減少など生理に関する様々な不快な点を改善出来るだけでなく、ニキビや肌荒れの改善など、女性の美容にとっても嬉しい効果がたくさんありますので若い女性は避妊を含め、利用する価値が高い薬です。