飲酒も大丈夫なトリキュラー、おりものに変化は?

低用量ピルの一種であるトリキュラーは、経口避妊薬として広く使用されています。女性ホルモンを含有するトリキュラーは毎日服用する必要がありますが、これによって体内のホルモン動態をコントロールし、身体を疑似妊娠状態にします。すると排卵が抑制されるため、高い避妊効果を発揮するのです。トリキュラーを正しく服用した場合の避妊成功率は99.7%にも上るとされています。
また、トリキュラーの服用によって生理予定日をずらしたり、生理痛を軽減することができるだけでなく、ニキビや肌荒れの改善など美容効果も期待できます。
トリキュラーはホルモン製剤であり、ホルモンはもともと体にもある物質ですので、お酒を飲んでいるときに服用しても問題ありません。しかし、過度の飲酒により嘔吐してしまった場合、錠剤中のホルモンが吸収されないうちに嘔吐により体外に出てしまうと避妊効果が薄れる原因になるため、飲酒とピルの服用を同時刻に行う場合は、飲酒はほどほどの量に抑えておくことが懸命でしょう。
低用量ピルの服用は生理だけでなくおりものにも影響を与えます。薬を服用しない場合のおりものは、ホルモン動態に合わせて粘度や量が変化します。排卵期ではない時期のおりものは白く濁ったべたっとしたものですが、妊娠しやすい排卵期のおりものは卵の白身のような、粘度の高い伸びる透明のおりものになります。これが、ピルを服用して身体を疑似妊娠の状態にすると生理周期によるおりものの変化はなくなり、常に一定のおりものとなり、その量も減少する傾向があります。
もし、ピルを服用しているにもかかわらず異常な量のおりものがでたり、臭いがいつもと違って異臭を放っている場合は性病にかかっている恐れがあるため、迷わず婦人科を受診しましょう。