不妊相談でも推奨されるトリキュラーはどんなピル?

飲み忘れることなく、毎日きちんと服用していれば、高い確率で避妊ができる低用量ピル、女性が男性に頼らなくてもしっかりと自分の身体を守ることのできる素晴らしい医薬品で、女性たちの間では広く浸透しつつあります。日本では、色々な低用量ピルが処方されていますが、中でもトリキュラーは、婦人科クリニックのほとんどで取り扱われているといっても過言ではないほど有名なピルで、副作用も少ないと患者さんにもとても人気が高い低用量ピルです。このトリキュラーは、錠剤すべてが同じ定量ピルではなく、三相性タイプと呼ばれるピルで、女性本来の自然なホルモンバランスに近くなるように、成分が三段階で変化するようになっているので、子宮内膜が安定するため、副作用の一つでもある不正出血が起こりにくい、というメリットがあります。定量ピルは、シートの錠剤すべてが全く同じ成分配合なので、必ずしも順番通り飲まなくても、飲み違いをしてしまったとしても避妊効果が薄まるわけではなく、初心者には扱いやすいとされていますが、その分本来のホルモンバランスとは違った状態に身体を持っていくので、体質的に副作用が強く現れてしまう方もいます。また、このトリキュラーは、意外な使用法として不妊相談で勧められることもあります。というのも、低用量ピルは、一相性の定量ピル、三相性ピルともに、生理周期を安定させる効果が高いので、不妊の原因となりがちな生理不順を改善させることができ、不妊相談での対策方法として、まずは生理周期を安定させ、排卵日をより特定しやすくするために使用するのです。低用量ピルで狂いがちな生理をしっかりとコントロールできるように整え、そこから服用を止めて体温の低高の変化で、妊娠しやすい時期を見極めます。また不妊相談では、卵巣嚢腫や子宮内膜症が見られる方の症状の緩和治療にもピルは処方されています。